アロマの効果を新聞から学ぶ~男性の体臭を消す方法

男性の体臭をダイレクトに退治?!

女性に不快な男性の体臭、原因物質を特定 ライオン

 

女性に不快感を与える男性特有の体臭をつくる物質が見つかった。ライオン(本社・東京都墨田区)のビューティケア研究所の尾本百合子さんらが特定し、同社が17日に発表した。水になじみにくく、汗が出ると空気中に放出されてにおいを増す性質があり、汗対策が女性に嫌われない決め手となりそうだ。

 

この物質はアンドロステノンといい、主にわきから分泌される男性ホルモンが皮膚の常在菌によって代謝されてできる。個人差はあるが、男性からは1時間当たり最大300ナノグラム(ナノは10億分の1)程度発生。女性の数十倍という。

 

体臭は、汗や皮脂などが分解されたり酸化されたりしてできた低級脂肪酸やアミン類などによることが知られている。だが、男性が女性の体臭をさほど嫌がらないのに比べ、ほとんどの女性が男性の体臭を嫌がることに尾本さんらは注目。

 

女性よりも男性で多く発生する物質群の中から、アンドロステノンに対して女性が不快に感じることを、脳波測定などから突き止めた。一方、男性はこの物質をかぐと、リラックスしたり、リフレッシュしたりするという。

 

また、アンドロステノンがほかの体臭成分を強める効果もみられた。

 

同社は、アンドロステノンを作り出すのに必要な皮膚の常在菌を働きにくくする防臭製品を来春にも販売する計画。尾本さんは「わきの下を清潔に保つことが重要です」という。 (11/18)

でもね、好きな人の匂いってなんであんなに好きになれるんでしょう。かおるこはただひたすらクンクンしています(笑)あれれ?でも、アンドロステノンを消してしまうと、男性フェロモンがなくなるのでは???うーん、と考えていたら、面白いコラムを発見。無臭対有臭の戦いはまだまだ続きそうです(^-^;
リラックス効果が実証される?!

人生を好転させてゆきたいときに使って欲しい香り

改めまして、こんにちは。かおるこさん☆どっとこむを運営しているかおるこです。私は現在、京都大学のそばでフレッシュハーブカレー専門店を営んでいます。

 

飲食店をはじめて10年目を迎えましたが、その前のお仕事は、東京の半蔵門にあるベンチャー企業と顧問契約を結び、当サイトの運営と、企業や商品のブランディング戦略の一つとして香りを提案したり、大学の研究室で香りの有用性を調べるために、頭にたくさんの電極をつけたりしていました。

 

とても楽しいお仕事だったのですが、知れば知るほど、香りとは数値で測られるものでもなく、もっと個の魅力を引き出すために活用するべきでは?と思い、地元京都に戻り、香りの仕事を続けながらも、フレッシュハーブをさらに体内に注入すべく、オリジナルカレーをつくり、現在に至っています。

 

そして、香りのお仕事時代からずっと作りたかった念願の香りアイテムが、これ!天然の香りで作る上質な石鹸です。マッサージに使用するほど上質なオイルを、3か月かけてつくるコールドプロセス製法は、熱をいれないので、香りの質を落とすことなく、この天然の香りを日常に使うことで幸せの底上げができるようにと、石鹸工場のお姉さんと力をあわせて作った石けんです。天然香りがお好きな方へ、ぜひお試しください。