脳の仕組みを理解して、香りがなぜ人生を変えるほどの力を持つかを知る

多くの人のアロマセラピーの理解は「気持ち良い香りを嗅ぐと気分が良くなり、ストレスが解消されるんだよー」かと思います。

 

この理解は、もちろん大正解ヾ(*´∀`*)ノ

 

大正解、なんですが、理屈っぽいことを知って、より理解を深めて香りを楽しみたいという頭でっかちな私は、なぜ香りがストレスに効果的なのかを、もっと理屈っぽく知りたいと、脳の働きを学ぶことしました。

 

すると

「え?!香りってこんなに身体に作用するの?凄いじゃん!上手に活用できたら、生命力を底上げして、幸せを今以上に感じることできるんじゃない?」

という感想を漏らすまでになりましたので、良かったらこの情報をシェアさせてくださいませ☆彡

 

脳をおおまかにわけると2つの働きがあります。

 

本当に大雑把な理解なのですが、人間の脳には2種類の働きにざくっと分けることができます。

 

まず一つが、生命体の中枢ともいえる「大脳辺縁系」と呼ばれる原始的な働きをする部位(人間の進化でも、まずここが発達したと言われる部位)で、動物として生きていくために必要な機能が搭載されています。

 

それは、水分調整ちゃ体温調整、本能としての食欲、性欲、睡眠欲、そして、快不快、喜怒哀楽といった感情を司ります。

 

もう一つが、人間としての理性的な行動を司る「大脳新皮質」という部位で、名前に「新」が付く通り、さきほどの動物的な脳に覆いかぶさるようにして発達してきました。これが発達したからこそ、人間らしく生きることができています。

 

ここでは、言語活動、高度な運動能力、空間の認知、理解、図形の知覚などを司ります。また、五感のうち、嗅覚を除く「味覚、触覚、聴覚、視覚」からの刺激をキャッチする部位でもあります。

 

ここで学ぶべきことは、嗅覚による電気信号のみ、この動物脳と呼ばれる「大脳辺縁系」が担当しているということです。

 

私たちは、やりたくなくても、理性でやらなくてはいけないことは、我慢していることはたくさんあるかと思います。しかし、匂いだけは別です。不快なに匂いに関しては我慢ができませんし、動物脳に直接働きかけられるので、理性ではコントロールすることができず、本能的に動きます。これが匂いに役割づけられた危機回避の本能です。

 

良い香りを嗅げば、気持ちがよくなる、嫌な臭いを嗅げば、逃げ出したくなる、このように、五感の中で唯一「大脳辺縁系」に電気信号が伝わる香りによる刺激は、それだけ人間の本能や感情に強く働きかける、ということです。

 

大脳辺縁系の疲れが、様々な不調を引き寄せる

 

これら二つの脳の力関係は、少しざっくりとした解説になりますが、本能を司る大脳辺縁系は、生命力の源であって、それをコントロールしていくのが理性でもある大脳新皮質だと、イメージしてみてください。

 

新しい脳でもある大脳新皮質のおかげで、私たちは人としての理性的な人生を歩むことができていますが、そこにエネルギーを送るのは大脳辺縁系です。このエネルギーが枯渇してしまうと、感情が失われ、人生を楽しめなくなってしまいます。

 

そして、この大脳辺縁系は、感情や本能を司る部位なので、実はとってもストレスに弱い部位でもあるのです。よって、ストレスによって自律神経が乱れたり、不眠になったりの症状が現れるのは、全てこの大脳辺縁系がお疲れなんだと理解しても良いかと思います。

 

動悸がしたり、眠れなくなったり、食欲がなくなったり。ストレスを受けたときにでる症状のほとんどが、この動物脳である大脳辺縁系のお疲れ、でもあり、生命力の低下でもあるんです。

 

大脳辺縁系のストレスを緩和するご褒美が、ここちよい香り

 

私たちは疲れたときに眠ります。眠れば脳もSLEEP状態になるので、大脳辺縁系の疲れもいくぶんかは取れるかと思います。

 

しかし、ストレスが溜まって十分に休めない場合もあります。心配事が頭を占領して、眠れないこともあるでしょう。

 

そんなときには、心地よいと本能的に感じ取る香りを活用してください。

 

心地よい香りによって、大脳辺縁系が刺激されると、動物的な本能にエネルギーが加わり、イキイキとした人生を取り戻すことができるのです。

 

これが、香りによって本当に人生を輝かせることができるという最大の理由です☆彡