大人の恋愛を応援します!男女の愛を深める香りのテクニック

香りは古い文献が残っているもので、紀元前のころから、大人の男性と女性の「いい関係づくり」に役立てられてきた歴史があります。そして最近の香りの脳への作用、身体への作用からも、アロマは夜の生活は切っても切れない関係があるようです。

 

香りを上手に活用して、最強の信頼関係を築いてみてくださいね。

 

愛し合う行為は、子孫繁栄だけのものなの?

 

男は体の関係を求める。女性はそれを受け入れる。ではその生理的欲求を解消するだけなモノでしょうか?

 

男性はセックスにおいて、愛する女性に求められ、認められ、受け入れられ、信頼されていると感じるとき、最も勇気付けられるのです。

 

彼の腕の中で乱れ、やがて安らぐあなたは、彼が必要としている心の糧を惜しみなく与えているのです。心の底から相手の男性とひとつになりたいと思っている時の女性は、自分の心を開き、相手を信頼している。そして、男が感動するほど美しく、身を守る殻を脱ぎ捨てて「女」をさらけ出すだけでなく、男を体の奥深くに導き、思いの丈をかなえさせている。こんな愛し方に、男性は自分が真に受け入れられていると確信する。

 

また、男性は自分の愛撫に女が震えるように感応してくれるとき、自分が本当に認められたと感じることが出来、自分があなたにとって唯一無二の存在であると感じるのです。

 

男性は一見、セックスの快感だけを求めているように見られがちですが、本当は快感だけでなく、相手を愛し、相手からも愛されるという、より深い喜びを感じたいと思うのです。これほど愛を確かめられる方法ってあるでしょうか?

 

しかし、私たちはどうしても考えてしまいます。相手はどう感じるかしら?どう見ているかしら?相手からの反応ばかりを気にしているときは、身体も緊張状態にあり、心から溶け合うほどのステージには、なかなかたどり着くことができません。

 

身体より頭、どうしても考えすぎてしまうという方にこそ、アロマで頭と体を究極にリラックスさせてゆきましょう。

 

脳で愛し合うのが上級者!快感にもテクニックが必要なんです!

 

本当は、身体が感じるままに相手を愛することが最強のテクニックかと思いますが、相手を愉しませるためにはどうすればよいのか、という話は、男女問わず耳にします。

 

「相手の性感帯がわからない・・・」

 

そもそも、人間には「性感帯」なる器官は実は存在しておらず、触・痛・温・冷の四つが複合された感覚が、快感につながっているんだそう。

 

性の原動力があるのは、脳の下の性欲中枢で、ここで性ホルモンを分泌しているんです。そして、四つの感覚を「気持ちいい」と感じるのは、大脳の役割なんですね。

 

だから、同じ刺激を与えても、場合によっては気持ちよかったり、ただくすぐったいだけだったり、相手やシチュエーションによっては不快だったりするのは、単に大脳がセレクトしているからなんです。

 

つまり、気持ちよさを感じるのは、脳の働きによるものであって、皮膚や性器のかたちなどではない!!ということを念頭に入れて先を読んでみて下さい。

 

では、具体的に絶頂を味わうために必要なことって?!

 

最近の脳の研究では、オルガスムス(絶頂期)のときに、脳から「θ波」という脳波が出ていることがわかっています。これは、ただの性的興奮では見られず、快感が大きいほど、たくさん放出されるんです。これは、セックスの快感が性器ではなく、脳で感じることの証明となりえますよね。よって、男性がストレスが溜まって出来ないというのもうなずける話。

 

しかし、この快感を表す脳波「θ波」は、リラックスしている状態のα波が出ていないとあらわれないんですって。「快感を得る」には、ある程度のリラックス状態が必要なんだと言うことなんですね。そこで、互いの性感を高める条件を整えて見たいもの!「環境」です。

 

環境は実は大切な要素なんです。例えば、お部屋の色。赤やピンク、オレンジといった暖色系は、人を性的に興奮させます。照明はほんのり程度、間接照明は人肌を柔らかく見せる効果も。外国映画などでろうそくをともしてムードを出しているシーンがありますが、あれは結構重要!また、ムード音楽や軽音楽と言ったBGMを流すこともリラックス効果は抜群です。そして、もっとダイレクトに、直接的に働いてくれる小道具とは・・・やはり脳にダイレクトに伝わる「香り」なんですね。

 

そこで、かおるこがおすすめする香りは、これ!

 

まずは男性におすすめな「サンダルウッド」。この香りの成分の中に、男性の汗に含まれる媚薬的な成分に似た物質が含まれているため、心を高揚させ、催淫作用を持つと言われており、アロマセラピーの中でもお役立ちな精油の一つです。

 

そして、今度は女性におすすめなもの・・・「イランイラン」。この香りの成分の中に、性衝動を起こすホルモン、テストステロンに似た物質が含まれていることが発見されました。

 

テストステロンは、好みの異性を見てときめくと多量に分泌されると言われるホルモンなのですが、イランイランの香りを嗅ぐと脳でテストステロンが分泌され、異性にときめいたと勘違いする効果があると発表されたのです。

 

こちらも、アロマセラピーの中で、恋人たちにお役立ちの香りとして確立されており、古い時代から愛用されているので、安心して活用してみてください。

 

これらの香りはそれぞれ、ストレスを和らげる働きも持っているので、夜の恋人たちにぴったり!というわけ。

 

両方をあわせてマッサージオイルを作り、お互いの体を十分にほぐすという愛情表現も愛を深めるためにはおすすめです。

 

おすすめブレンドは、オレンジ、カモミールローマン、イランイラン、サンダルウッドを一滴ずつ。イランイランやサンダルウッドはどちらも個性的な香りでもあるので、お花の香りを加えて、個性を打ち消してゆく方向性でブレンドしてみてください。

 

もし手に入れられるようでしたら、カモミールの代わりに、チュベローズなどの香りも相性良くておすすめです。