人工知能に負けない人間になることが、現代で成功する秘訣

今、まさに「生きる能力」が注目を集めています。
ただ、それを指標する方法がなく、長い間「学歴主義」が取られていました。しかし、不況の世の中になって、学歴主義も崩壊しつつあり、まさに、「生きる能力」に注目が集まっています。

 

昨今では、人工知能AIが驚くほどのスピードで発展を遂げていて、ふと「自分の仕事なんて、いつかAIにとってかわられてしまうんではないだろうか?」と不安に思ったことはありませんか?

 

有名な経営者が未来予測のなかで、AIの時代は必ず来るから、その時代が来た時に、人間にしかない能力をのばしておくことが大切なんだ

 

とテレビで話していることを聞いて、とても腑に落ちました。人間にしかない能力とはなにか?

 

結論から言ってしまうと、これから必要とされる能力とは、「想像力と直観力に優れている人」、つまり、「無から有を生む力を持っている人」ともいえます。

 

先ほどの経営者は、エンターテイメント産業の発展を視野に入れているので、子供の頃はとにかく一生懸命遊びなさい、と話していましたが、

 

未来予測が困難な現在、詰め込み式の勉強で優秀な成績を取り、 一流の大学を出て一流企業に入り、安定した生活を送ってきた人間ではなく、想像力と直観力に優れた人間が必要とされる時代となりつつあるようです。

 

しかし、この大切な能力をはぐくむ幼少時の環境が劣悪化していくなか、必要とされる能力を持つ人間が少なくなってきているところが実際のところではないでしょうか。。。

 

少なくなってきたからこそ、差がつく!発想力と、直観力

 

創造力や直観力、発想力
これらは、子供の頃にどれほど五感をフルに生かした生活をおこなってきたかによって大きくわかれます。

 

子供たちは野山を駆け回って自然に触れ、感覚や刺激を受けて、この時期に前頭連合野や右脳を発達させるのです。

 

しかし、時代の変化によってこの大切な時期に、これらの機能を発達させるきっかけが失われつつあるのが今の現状だからです。こんな現代にこそ、必要とされる能力でもあり、
あなたが幸せに生きていくための能力の一つであるということを、伝えてゆきたいと思っています(^-^)

 

「未来が見えるタイムマシン」が使えるとした、あなたは何をしますか?

 

歴史上の「成功者」と呼ばれる人たちの経歴を見ると、有名大学に行ったわけでもなく、小さいときにとりわけ優秀だったというわけではないことに気が付きます。

 

日本で有名な「成功者」で、丸漢の社長でもあられる斉藤一人さんもその一人です。中卒でゼロから富を築いたといわれています。また、コンピュータ関連で有名な方はビル・ゲイツですが、彼も大学を中退という経歴を持っています。

 

やはり、成功者と学歴は関係ないようです。

 

では、成功者と呼ばれる彼らはどんな能力がずば抜けていたのでしょうか?

 

それは「直観力」だといわれています。この力とは、言えば、あなただけが自由自在に未来を見ることが出来る「タイムマシン」と名づけることもできる、それぐらいあなたの人生を左右する能力でもあるのです。

 

あなたの想像力を十分に発揮して「先を見通すことの出来る力」、それが「ひらめき」、「第六感」です。

 

仕事や日常で役立つこと間違いなしの「直観力」について、一緒に見てゆくことにしましょう!
「ひらめく」時に必要な過程と環境については、次の項で紹介させていただきますが、五感が発達している人ほど想像力や直観力が優れているのはどうやら事実のようです。

 

脳というのは幼少期に急速な発達をし、9歳ごろまでには良い頭が出来上がってしまうと言います。それでは既に9歳を過ぎてしまった人はもう諦めるしかないのかと誤解されてしまいがちですが、そうではありません。

 

9歳を過ぎても人間の脳と言うのはなだらかではありますが、一生発達し続けるものなのです。それでは脳を発達させ、想像力や直観力を高めるためには一体どうしたらよいのかをお話してゆきたいと思います。

 

降りてくる思考術「ひらめき・アイデア」を生み出す脳の作り方

降りてくる思考術「ひらめき・アイデア」を生み出す脳の作り方

人が「ひらめき・アイデア」から得る財産は計り知れないものがあると言われています。歴史上、様々な発明品がこの「ひらめき」から生まれ、すばらしい発明を行い、財産を残

投稿 2014/02/16