女性ホルモンについて正しく知って、女性という性を楽しもう

綺麗・セクシー・健康に関わる女性ホルモン、乱れていませんか?

 

女らしさを作るもとと言われる女性ホルモン。
あなたは仕組みや働きをご存知ですか?

 

そもそもホルモンとはなんだろう?という疑問から解消してゆきたいと思います。

 

ホルモンとは、体内で作られる化学物質で血液中を通って体の器官に作用し、正常に働くよう促してくれるもの。その機能を正常に働かせるための興奮剤とも比喩されることもありますが、スイッチを入れる役割もあります。

 

ホルモン研究をしている先生いわく、私たちの人生にこれらホルモンは深くかかわっているそうで、性格、友達の数、恋愛の経験、食欲、睡眠の深さ、老化のスピード、がんになりやすいかどうか、寿命なども、私たちが作り出す「ホルモン」によって決められているそうです。

 

女性ホルモンのほか、眠りに関わるホルモンや新陳代謝を調節するホルモンなど、その働きは様々で、人間の体にはわかるだけでも数千種類あると言われています。それが近年生活習慣の乱れから起こる、ホルモンバランスの乱れによる体調不良が注目を集めています。

 

毎日を元気に過ごすために、また女性の美しさを保つためにも、まずは「女性ホルモン」を知ることをはじめてみましょう(^-^)

 

あなたの女性ホルモンは正常ですか?

 

「生理なんて、少しくらい遅れてもいいんじゃない?」で本当に良いのでしょうか?

 

ホルモン分泌の乱れなどとよく言われますが、ホルモンは多くても少なくてもだめで、大切なのは〝分泌バランス〟です。特に女性ホルモンの分泌量の乱れは、毎月の生理にすぐに反映されるもので、遅れたり、無月経状態をそのまま放っておくと様々な不調が現われます。

 

また、女性ホルモンが少ないのは、女性には大問題。女性ホルモンには生理の周期をつかさどるだけでなく、肌を美しく保ったり、体を女性らしく作るなど「美容ホルモン」としての役割もあるんです。

 

その他バランスの乱れは肌荒れやむくみなどのトラブルも引き起こすうえ、骨粗鬆症を招いたり、高脂血症など生活習慣病を若くして患うリスクも増えるのです。さらに引き起こされる危険はそれだけではないのです。

 

子宮内膜増殖症といって、子宮の内膜が異常に増殖してしまう病気、これも女性ホルモンバランスの乱れが原因と言われており、最近20代~30代の女性に増えており、そのままにしておくと、子宮ガンの恐れもあると言われています。

 

また一方では、女性ホルモンは男性にも重要であるというお話も!男性も微量ながら分泌をしており、女性ホルモンには脳を守ってくれる働きがあるとかで、男女問わず、人間にとって欠かすことのできないもの、それが女性ホルモンなのです。

 

それではそんな女性ホルモンの不思議について進めてゆきましょう!!!

 

女性ホルモンバランスの乱れは、何が原因なの?

 

仕事や受験、育児や介護など、実は身近なストレスが女性の身体に大きな影響を与えていることがわかってします。そしてストレスによるホルモンバランスの影響が深刻です。

 

本来、女性ホルモンのバランスは脳と卵巣との微妙なやりとりで成り立っています。 このやりとりをコントロールしているのが、脳の中にある視床下部などの司令塔。ところがストレスを受けると、脳の司令塔がそれに対処する必要があるため、卵巣への女性ホルモン分泌の命令が減少すると考えられるのです。

 

すると、卵巣の動きが弱くなり、エストロゲン分泌の低下にもつながるのです。

 

また、骨盤の歪みも原因の1つと言われています。骨盤が歪むと卵巣の血管が圧迫され、女性ホルモンがうまく出せなくなることもあるのです。月経痛がきつい人は骨盤のゆがみにも注意をしたほうが良いかもしれません。

 

かおるこさん☆どっとこむでは女性ホルモンの乱れをとても深刻に考え取り組んでおります。かおるこ店主も高校生のときの無理なダイエットと、新社会人への環境の変化に伴うストレスで長期無月経になった経験が・・・。 現在は順調にホルモンバランスを整えておりますが、香りを扱う仕事をし始めてから自然とくるようになったんですね。 調べて見ると植物の香りには視床下部に直接働きかけて自律神経を整える働きがあるとか。女性ホルモンの乱れに悩んでいる方にはアロマの活用を特におすすめします!

 

男性にも微量に分泌される女性ホルモン、実は記憶力に深く関わりが!?

 

脳の記憶力保持に大切と思われる女性ホルモンは男性にも重要であると認識すべし?!そのメカニズムを左右するのは脳の神経細胞ニューロンという物質で、ある教授によるエストロゲンのニューロン保護作用実験の結果を見てみると・・・エストロゲンを加えた場合のニューロンの死滅が大幅に減少したという結果が。

 

これによって、エストロゲンはニューロンを保護していると考えられるのです。この効果は、エストロゲンに備わっている抗酸化性によるものと考えられています。

 

また、コロンビア大学の実験では、ニューロンの成長を促し、脳の形成に役立っていることを発見!ロックフェラー大学からは、脳の情報を伝えるために必要な神経伝達物質を増加させる働きもあると報告されています。

 

つまり、女性ホルモン「エストロゲン」いは、記憶力も向上させる働きがあるのではないかと、考えられているのです。まだまだ研究段階ですが、今後の研究に注目ですね。