アロマの効果を新聞から学ぶ~温泉の香りが癒される理由

アロマの効能を新聞からピックアップ温泉のにおいに森の成分

 

カネボウは8日、温泉のにおいに森をイメージさせる香り成分などが含まれ、人体をリラックスさせる効果があることが分かった、と発表した。これまで温泉の泉質とその効果は分析されているが、においに着目した研究は初めてという。

 

神奈川県・箱根の小涌谷温泉と芦之湯温泉、和歌山県・白浜温泉、群馬県・草津温泉の計4カ所で採取した温泉水を分析した。この結果、一般的な温泉のにおいの元になる硫黄化合物のほか、松や杉、ヒノキなどが発するセスキテルペン類などの香り成分が検出された。

 

この分析を基に、香り成分を合成し、人間の脳波や心拍数などに及ぼす影響を調べたところ、リラックス効果を示す結果が出たという。(共同通信より)

 

昔から言い伝わっている香りの効果がこのようにしてサイエンスティックに検証されていっているのが、今の香り世界のようです。

 

 

 

 

人生を好転させてゆきたいときに使って欲しい香り

改めまして、こんにちは。かおるこさん☆どっとこむを運営しているかおるこです。私は現在、京都大学のそばでフレッシュハーブカレー専門店を営んでいます。

 

飲食店をはじめて10年目を迎えましたが、その前のお仕事は、東京の半蔵門にあるベンチャー企業と顧問契約を結び、当サイトの運営と、企業や商品のブランディング戦略の一つとして香りを提案したり、大学の研究室で香りの有用性を調べるために、頭にたくさんの電極をつけたりしていました。

 

とても楽しいお仕事だったのですが、知れば知るほど、香りとは数値で測られるものでもなく、もっと個の魅力を引き出すために活用するべきでは?と思い、地元京都に戻り、香りの仕事を続けながらも、フレッシュハーブをさらに体内に注入すべく、オリジナルカレーをつくり、現在に至っています。

 

そして、香りのお仕事時代からずっと作りたかった念願の香りアイテムが、これ!天然の香りで作る上質な石鹸です。マッサージに使用するほど上質なオイルを、3か月かけてつくるコールドプロセス製法は、熱をいれないので、香りの質を落とすことなく、この天然の香りを日常に使うことで幸せの底上げができるようにと、石鹸工場のお姉さんと力をあわせて作った石けんです。天然香りがお好きな方へ、ぜひお試しください。